長野県西部南箕輪土地改良区

長野県西部南箕輪土地改良区

長野県西部南箕輪土地改良区について

当土地改良区は、天竜川右岸上段の南箕輪村内にある広大な畑地帯で、昔から水に貧しかった西部地域(中央アルプス山麓)では、水を求める事業を行ってきました。
以下の土地改良事業を実施し、当土地改良区が管理運営しています。

西天竜幹線用水路(以下:西天竜)の開削事業
大正から昭和にかけて行われた事業です。これにより約1,200haの水田が生まれました。

国営かんがい排水事業
西天竜より上段地域へ水を運ぶべく、昭和47年から揚水機場、送水管路の建設に取りかかった事業です。南箕輪村の天竜川沿いから伊那市西箕輪までの標高差200mで、最大毎秒3トンの水を揚水しています。

この事業により広大な土地と気象条件をいかし、野菜、花き、果樹などの栽培及び酪農経営に向けた条件整備を行うことができました。
今後は、引続き、新しい地域農業の確立と豊かな農村を目指して努力していきます。

長野県西部南箕輪土地改良区

土地改良区概要

住所〒399-4592
長野県上伊那郡南箕輪村4582番地1
南箕輪村役場内
TEL0265-72-2104
FAX0265-73-9799
e-mail
設立年月日 昭和48年1月20日
受益面積 360ha
組合員数 902名
理事長 唐木 一直
理事 15名
監事 3名
総代 30名
職員 2名(兼2名)

長野県西部南箕輪土地改良区組織紹介

長野県西部南箕輪土地改良区機構図

長野県西部南箕輪土地改良区機構図

役員名簿

平成29年4月20日~令和3年4月27日

役職 氏名
理事長 唐木 一直
第1理事 唐澤 直幸
第2理事 征矢 俊彦
第3理事 池上 耕吉

長野県西部南箕輪土地改良区だより

ご覧になりたい方は、下記のリンクをクリックしてください。(別タブで開きます)

  • 現在観覧可能な長野県西部南箕輪土地改良区だよりはありません。